EZRで連続変数を四分位に分割する

下記で作成した遊離軽鎖 (flc)は連続変数です。連続変数flcからその四分位変数”flc4″を作成します。

EZRメニューのアクティブデータセット> 変数の操作 > 連続変数を区間で区分する(閾値は自動設定) を選択します。

  1. 「区間に分ける変数(1つ選択)」から”flc”を選択します。
  2. 「新しい変数名」に”flc4″を入力します。
  3. 「区間の数」に”4″を設定します。
  4. 「水準名」に”数”を設定します。
  5. 「区間の方法」に”同データ数の区間”を設定します。
  6. OKボタンをクリックします。

念のため、作成したflc4に対応するflcの範囲を確認します。

EZRメニューの統計解析 > 連続変数の解析 > 連続変数の要約を選択します。

  1. 「変数(1つ以上選択)」から”flc”を選択します。
  2. 「層別して要約…」ボタンをクリックして、”flc4″を選択しします。OKボタンをクリックすると、「層別して要約…」ボタンの表示が「層別変数: flc4」に変更されます。
  3. OKボタンをクリックします。
平均 不偏標準偏差    0%  25%    50%   75%  100% data:n
1 1.745655    0.3993577 0.090 1.52 1.8675 2.053  2.21   1978
2 2.497309    0.1668980 2.212 2.35 2.4905 2.640  2.79   1962
3 3.133323    0.2137054 2.791 2.95 3.1200 3.310  3.56   1971
4 5.168015    2.6167789 3.560 3.93 4.4300 5.350 43.00   1963

各分位の範囲(0%〜100%)が重なっておらず、人数(data:n)もほぼ均等になっているので、OKです。

ガイドラインに掲載されるエビデンスを!!!